東海市 知多市 大府市 常滑市 美浜町 南知多町 武豊町 半田市 阿久比町 東浦町 豊明市 名古屋市 東郷町 西三河で住宅建築・注文住宅・リフォームの情報ならこちら!

  • TEL:0562-33-2627
お問い合わせ

社長インタビューInterview

社長インタビュー

File No.14

株式会社 大猶ハウジング都築康治Tsuzuki Kouji

つなぐことの意義。
創業100年!
「大猶」という名のバトン

当社のはじまりは明治45年(1912)、今から100年ほど前のこと。私の祖父である猶吉が、東濃地区の山から仕入れた木々を製材・販売する事業を主な生業とする、大猶組を立ち上げたのが原点になります。その後、父が二代目を継ぎ、建築屋としての動きにも活発に取り組むようになりました。そして平成7年、私が大猶の三代目を継承。不動産事業の展開を拡大し、社名を『大猶ハウジング』に改めたのもこのタイミングでした。

45歳、
祖父と父の跡を継ぐ。

私は、大学を出てから迷うことなくこの業界へと進みました。もちろん、家業を継ぐためです。幼いころから建築という世界が身近にある環境で育ったこともありますが、私が「継ごう!」と決めた一番の理由は、父や祖父が築いてきた大猶という名を残したかったからです。その想いのまま突き進み、私は45歳で三代目になりました。

地域の皆様の期待に応え、
信頼を守り続ける。

自分が社長になってから実感したのは、先代、先々代が守ってきたものの大きさです。当社は創業以来、ずっとこの地に根付いて事業を切り盛りしてきました。そのため、高浜市を中心に東浦や刈谷など、地元にはたくさんの常連さんがいらっしゃいます。「大猶」という名前だけで仕事をいただくケースも珍しくはありません。父や祖父が残してくれたもの、地域の皆様が私たちに期待していること。それらの持つ意味や重要性を常に忘れることなく、私は大猶の舵を握り続けています。

四代目につなぐ
その日まで。

これからも大猶ハウジングは、親切・丁寧を当たり前に、小回りのきく対応力でお客様の暮らしに貢献していきます。新築からリフォーム、そして物件探しまで、何でもお気軽にご相談ください。なお、余談ではありますが、いずれ私の息子が跡を継いでくれます。うれしいことに自ら「継ぎたい」と言ってくれました。大猶という名のバトンを引き継ぐその日まで、これからも私は地域の皆様のために全力を尽くします。



社長インタビュー一覧に戻る
株式会社 大猶ハウジング都築康治Tsuzuki Kouji
生年月日 1955年7月6日生まれ
血液型 AB型
趣味 メダカ繁殖
知多半島の
好きなところ
内海海岸
  • 会社詳細
  • お問い合わせ