東海市 知多市 大府市 常滑市 美浜町 南知多町 武豊町 半田市 阿久比町 東浦町 豊明市 名古屋市 東郷町 西三河で住宅建築・注文住宅・リフォームの情報ならこちら!

  • TEL:0562-33-2627
お問い合わせ

社長インタビューInterview

社長インタビュー

File No.29

上中建築上中 覚司Kaminaka Satoshi

大切にしていること

昔から父親が言っている「住みやすい家を作る」ということを大切にしています。
本当に住みやすい家、というのは家のデザインや構造・仕様はもちろんですが、住んでみて初めて分かる住み心地が重要だと思います。家事動線はもちろん、シックハウス等の対策、そして、ご近所の方々との関わりにまで及びます。私たちはそこまで気を使って家づくりをしています。

上中建築の職人たち

上中建築は大工、左官、基礎についての職人は全て社員として雇用しています。
パートナーの職人ではなく、あえて正社員として雇うことでチームとしての連携力を発揮して作業をしてもらうことができます。

また、正社員として働くことで一人一人が「上中建築」の名前を背負って働くことになるので、そこには”責任”が生まれます。
お客様の顔を思い浮かべながら、「あの人の家を作っているんだ」「上中建築で建てて良かったと思ってもらうには、自分の腕にかかっている」という気持ちを持って施工をするからこそ、本当に良い家が出来ると思っています。

お客様と職人が顔を合わせてお話することでお客様がどんなことを望んでいるのかをきちんと理解した状態で家づくりが出来るのだと思います。

自分が住むんだったらこんな家!

私はのどが非常に弱く、加湿器を常に可動させて湿度を保っていないとのどに異常が出てきてしまいます。
でも、加湿器をつけるとクロスを貼った壁にはべったりと水滴がついたり、窓枠にカビが発生してしまったりすることが本当に嫌で、本当に住みやすい家とは?と考えたとき、少なくとも私にとって今の状況は住みやすいとは言えないな、と思ったんです。

そこからいろんな本を読んだり、情報を集めたりして湿度について調べ始めました。
すると、室内を湿度55%にするとウイルスが蔓延しにくく、風邪にかかりにくくなる、ということが分かりました。
実際に室内を湿度55%に保つようにしてみたところ、
私ののどにも全く負担がなく快適に暮らせるということを実感しました。

これに更に私から見て本当に良いと思う材料を使った家を作りたい!と思い、湿度55%の家を作り上げました。
住吉町にあるモデルルームは常に湿度55%の家なんですよ。

今後の夢

『半田市で家を建てるなら、上中建築』

そう言っていただけるような会社にするのが私の夢です。

私は社会の役に立ってこそ会社は成り立つと思っています。

地域の皆さんに上中建築の家づくりをまずは知っていただき、

半田市を中心に知多半島で家を建てるなら一度は話を聞いてみようか、

と思っていただけるような会社にしていきたいです。



社長インタビュー一覧に戻る
上中建築上中 覚司Kaminaka Satoshi
生年月日 1974/3/20
血液型 A型
趣味 仕事と野球
知多半島の
好きなところ
ごはんがおいしいところ
  • 会社詳細
  • お問い合わせ