東海市 知多市 大府市 常滑市 美浜町 南知多町 武豊町 半田市 阿久比町 東浦町 豊明市 名古屋市 東郷町 西三河で住宅建築・注文住宅・リフォームの情報ならこちら!

  • TEL:0562-33-2627
お問い合わせ

社長インタビューInterview

社長インタビュー

File No.29

上村建築工房上村 卓也Uemura Takuya

幼いころからの夢を叶えるため。

大学時代から建築を学び、大工として愛知や東京でいろいろな親方のもとで修業をし、2013年の30歳を迎える年に独立しました。
元々「いずれは独立し、お客様の想いを自分で叶えられるようになりたい」という気持ちがあったため、客様により良い暮らしを提供していき、たくさんの住宅リフォームを行い、現在に至ります。

自分が住みたいと思える家を提供したい。
次の世代に残していける日本の住宅を。

日本の住宅はスクラップ&ビルドが主流ですが、古き良き日本の家をしっかりと次の世代にも残していきたいんですよね。

日本人の美的感覚やなんとなく落ち着く感覚というか、本来の家づくりの伝統や文化をね。
今なんかあえて古民家風に家づくりをしたり、飲食店を建てたりなども人気ですよね。
元々の日本の家づくりは古いものをなるべく長く使い、壊した材料をほかのところにつかったりなどする文化があったと思うんです。

自分が大工だからということもありますが、そういう「住み継ぐ」という日本の良さを大事にしていきたいと考えているんでよね。

だから事務所も古民家を借りています(笑)

気軽に相談してもらえる「住まいの相談室」

なんでも伝えたいことを伝えられるような関係性を気づいていくこと上村建築工房の一番のこだわりです。

リフォームや古民家再生はどうしていきたいのか、この家でこれからどんな暮らしをしたいのか。という「お客様の想い」が大きく反映されると思っています。

だからこそ「お客様の希望を叶えてあげること」を一番に考えますね。
できないこともありますけどね(笑)

だって「これを言ったら困るかな?」とか「怒られないかな?」と心配をかけてしまったらいいたいことも言えず、お客様主導ではない家づくりになってしまいますよね?

気軽に相談してもらって僕の持つ技術でお客様に喜んでもらえるような関係性を大事に。と考えています。

お客様へのワンポイントアドバイス

完成してしまったら見えなくなってしまうところほど、配慮するということですね。見えなくなってしまうところほど、梁や柱が多く構造に関わる部分が多いんです。あまりよくわからないことも多いと思いますが、積極的に気にして大工さんに聞いてもらったほうがいいと思いますね。

社長インタビュー一覧に戻る
上村建築工房上村 卓也Uemura Takuya
生年月日 昭和57年12月28日
血液型 AB
趣味 水泳
知多半島の
好きなところ
自然が多く、交通の便がよく、都会過ぎず田舎すぎないところ
  • 会社詳細
  • お問い合わせ

お問い合わせ

資料請求

建築屋さんを探す